参考リンク

親鸞会を扱ったサイト

管理人は会員歴10年以上で、幹部として活動。詳細に内部事情や親鸞会の抱える問題を告発している。反響集に多数の脱会者の声が寄せられているほか、勧誘・育成マニュアルや講義の録音などの内部資料が特に充実。大学関係者や研究者にとっても貴重な資料となっている。

元会員のゆうさんが1999年開設したサイト。教義の真偽について客観的・論理的に考察し、なぜ親鸞会の教義を真実を思い込むのか、その過程について論じている。

金沢大学の学生が親鸞会についての記事を書いたところ、親鸞会より法的圧力がかかり一時サイトの閉鎖を余儀なくされた。その詳細な経緯と親鸞会の問題点を端的に論じたサイト。

浄土真宗親鸞会の元会員をメンバーにもつ連絡会が運営するブログ。親鸞会の最新情報の報道や、問題点の告発。

親鸞会の本尊論だけでなく教義全般に対する矛盾点をあつかうブログ。2ちゃんねるや過去にジャンヌなどの掲示板に掲載された情報を整理して再掲している。

親鸞会が勝ったと主張する対西本願寺の教義論争について、資料を基に客観的にその実態を再考している。

親鸞会を除名された元講師が立ち上げたブログ。公開法論のほか、除名された経緯など。

元会員のKashmirさんが、1998年12月に開設したサイト。現在運営されている元会員のサイトでは、最古参となる。

親鸞会の公式サイト以外にも親鸞会系のサイトは多数存在している。その中に は私達の会を批判しているサイトも存在する。それらについてはこのサイトで紹介されている。

識者・学者のサイト

設立は1995年11月。心理学者、聖職者、臨床心理士、弁護士、精神科医、宗教社会学者、カウンセラーそして「議論ある団体」の元メンバーやご家族等のメンバーから構成されているネットワーク。破壊的カルトの諸問題、カルトに関わる個人および家族へのカウンセリング経験についての交流およびカルト予防策や社会復帰策等の研究をおこない、その成果を発展・普及させることを目的としている。

静岡県立大学准教授 西田公昭氏のサイト。「マインドコントロールとは何か」の著者であり、日本のマインドコントロール研究の第一人者。

北海道大学教授 櫻井義秀氏のサイト。カルト問題やマインドコントロール論についての多数の論文を掲載。

他のカルト宗教についてのサイト

統一協会からの分派だと言われる"摂理"。近年日本でも社会問題性が大きく報道され、特に大学キャンパスでの正体を隠した勧誘活動は、親鸞会と酷似していると言われる。このサイトでは摂理の元信者達が、その被害の実態について訴えている。

オウム真理教から脱会された元信者が集うサイト。

ライフスペースの指導者高橋弘二氏からの被害を少しでも軽減し、類似の団体で同じような被害を防ぐために開設された。

元カルトメンバーでもあった、いわたちせいごう氏が管理するサイト。第三者による心理操作の後遺症のためのリハビリテーションを目的にされる。かって、カルト宗教によって傷つけられた自らの体験を基に、『同じように傷ついている人がいたら、手を差し伸べたい』という願望から立ち上げられた。

信仰・信心や自己啓発活動、ボランティア、治療法、政治活動、同好会…。自分にプラスになると思って始めたのに『何かヘン』ということ、ありませんか?このサイトでは、このような問題に焦点を絞って、よりよい解決方法を探っていきます。

幸福の科学の実態を金銭面、教義面などから被害者の声も織り交ぜつつ、紹介することを目的としています。

ルーツは原理問題被害家族の会。平成15年に「家族や大切な人が統一協会に入信しかかったり入信した事によりとまどい苦しんでおられる時に役にたってほしい」と設立された任意団体。入信された方の問題と並行して、霊感商法において騙されて金品を奪われた方に対して、この問題に精通された多くの弁護士や学者・宗教者がサポートを行っている。

宗教問題への相談窓口

日蓮宗寺院によって運営されている相談機関。カルト問題だけでなく青少年問題なども扱っている。

真宗大谷派によって運営されている。青少幼年を取り巻く問題に取り組み、情報を収集し提供できる機関となるための準備業務を行っている。

日本同盟基督教団 高山正治牧師のサイト。宗教問題研究会では特に統一協会関連の情報が充実している。

日本基督教団 白河教会牧師である、竹迫之氏のサイト。元某カルトメンバーであった彼の、波乱万丈&ハードボイルドな経験が、このホームページにも表れている。

日本基督教団牧師・現:恵泉女学園大学教授 川島堅二氏のサイト。日本脱カルト協会の例会で話題になる団体の内、大学生など比較的若い人が勧誘されることの多い団体についても研究され、情報提供している。

バスカル・ズイヴィ氏のサイト。日本語で相談にのってくれる。カルトや教会生活に疲れた方へ。

ウィリアム・ウッド師の主催するサイト。エホバの証人を中心にカルト全般に対する相談を受け付けている。

宗教問題に詳しい弁護士のサイト

統一協会やオウムは勿論、商業カルト・詐欺まがいの商法について情報提供。

新進気鋭の弁護士。平成15年より、上記LINK総合法律事務所のメンバー。

河田英正法律事務所が統一教会問題を詳しく説明している。統一協会をはじめ、詐欺的な勧誘・教化で人生を奪うカルトの問題を考え、被害をなくすための活動を実施。

札幌弁護士会所属の郷路征記弁護士のサイト。統一協会関連において、青春を返せ裁判:札幌訴訟原告団の苦悩の時間を、1審・訴訟審の記録を綴る事によって、明確にしているのは意義深い。

そのほかのサイト

浄土真宗本願寺派、兵庫:光輪寺副住職 棚原正智氏のサイト。布教使ならではの、多くの問題に直面されている。

閉鎖されたサイト

元会員の1000dieが開設したサイトで、元会員としては最古参。1998年春開設。裁判所や警察からの要請も無いのにサーバーが親鸞会からのクレームに対して個人情報を漏らしてしまうという、個人保護法が施行された今では考えられない事態になった。管理人に対する執拗な攻撃のあまり、開設後1ヶ月で圧力のために閉鎖されるに至った。

元会員のSILENCEさんが開設したサイト。掲示板のみの運用であったが元会員の憩いの場所であった。現在は閉鎖にはなっていないが、書き込み不能。嫌がらせやアラシの書き込みに、管理人さんが"うんざり"した格好。

元会員のよさんが開設したサイト。開設後直ぐに"苦労婆"というパロディサイト出現。現在は、掲示板(仮)のみの運用になっている。

元会員のdecultさんが、1998年5月に開設したサイト。彼から家族の会のスタッフに届いたメールがあるので、一部をここで紹介する。「何度か会からのクレームがあって閉鎖になりましたが、今となっては懐かしい思い出の数々です。最後の苦情申立人様(会の幹部のかた)とは3年半に渡ってメールのやり取りがあり、命のある限り私に対して破邪顕正を続けると宣言しておられましたのに、最後は彼からの返信が途絶えて終わりました。私信ではありましたが、この間のやり取りは当時のプロバイダーにもCcしていたこともあり、私としては公開したい所存でした。しかし、苦情申立人様とは合意に至りませんでした。残念です。」

元会員のtotoさんが開設したサイト。会からの圧力ではなく、管理人本人の公私多忙な事情からの閉鎖だと思われる。

元会員のぽぽんたさんが開設したサイト。親鸞会からの圧力で閉鎖。

元会員の無頼庵さんが開設した、親鸞会を卒業した人が集うサイト。親鸞会からの圧力で閉鎖。